« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

北本クラッシック・コンサート -北本27-

NEC_0043 2月25日(土)に北本・文化センターホールで、

『ミューズ(女神)たちが贈る素敵なコンサート』と

銘打った、クラッシックコンサートに行きました。

マイ・マシNEC_0041ン(オレンジの自転車)で、北本駅西口セブンイレブンの向こうまで、シュッと5分くらいで、フルート、ソプラノ、ピアノの素敵な生の合奏を前から2番目の席でゆっ たりと聴くことが出来ました。

もっともっと北本で楽しみたい。

客席が少し開いていたのが、もう少し文化センターの人に地道な宣伝に努めて戴きたかった。

楽曲は:

「Program」

M. Marais: Les Folies d'espagne

C. Debussy: Clair de lune (from "Suite bergamasque")

NEC_0046

G. Donizetti: "O luce di quest'anima" from opera "Linda di Chamounix"

G. Puccini: "O mio babbino caro" from Opera "Gianni Schicchi"

P. A. Genin: Garnaval de Venise

G. Donizetti: "Scene della pazzia" from opera "Lucia di Lammermoor"

= intermission =

M. Ravel: Ondine (from "Gaspard de la nuit" )

M. Ravel: Alborada del gracioso (from "Miroirs")

G. Gershwin: Summertime (from opera "Pragy and Bess")

A. F. Doppler: Fantaisie pastorale hongroise Op.26

A. Adam/G. Schmidt: Bravour-Variationen uber ein Thema von MozartNEC_0053

でした。

演奏者は、

仲道 郁代さん

きれいな方でした。なにかテレビでお見掛けしたような気がします。

NEC_0052佐藤 美枝子さん

オペラ歌手では有りませんが、フィリパ・ジョルダーノと比べて聴いてみました。心を込めて謳われていたのが印象的でした。イタリア語なので、今はわからない。オペラなんかだと字幕が出ていました。コンサートなので、そこまでは無理ですね。

NEC_0051山形 由美さん

マイクないし、音響の増幅なし、すべて生演奏です。フルートの音色は、僕の初恋の人の音色です。その人がフルートを演奏しているのを聴いたことはありませんでしたが、大昔の自分の気持ちを少し思い出しました。山形さんのHPが一番僕は好きです。NEC_0047

特にクラッシクを知っているわけではないので、CDを買ってサインをして頂いて、握手をして頂いてもうまく話しかけられませんでした。残念。

元、ジュディマリのユキちゃんのようなコンサートも行きたいけど、クラッシクも良いですよ。

北本にあるイベントに少しずつ参加していいものは続けて行きたいですね。

4月2日(日)「さくら街道」北本ハイキングがあるそうです。「JR東日本・駅からハイキング事務局」TEL: 03-5447-0973平日10:00-17:00まで、若しくは、www.jreast.co.jp/hikingにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

ホルン・ベーカリーの田園 -北本26-

horn_bakery この右のホテルパンが甘くておいしい。

食べ過ぎちゃう。

そのまま焼かずに食べちゃう。

ベーカリーには目がありません。

あの、焼きたてのにおい。

ふっくらしたおいしさ。

パンって夢見たい。

今は、この左の田園を週末に2斤買ってきます。

今朝は、昨日コープで買ったローストビーフの薄切りとサラダを挟んでパクリ。

おいしい!!

又食べ過ぎました。朝に3枚。

僕は、6枚切り。

4枚は、厚くてちょっと、8枚は、もうパンのおいしさが出ない。このホルン(Horn)には、5枚切りもあります。5枚切り?そうだ今度買ってみよう。

このホルンは、北本ダイエー店の中にあります。

シールをくれます。何か10枚貯めると1斤、んっ、いつも買うのは半斤?

そうかな。それなら半斤もらえるみたい。でも、おいしいのが一番!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マダガスカル -映画評③-

Madagascal マダガスカル。

そうねー。

ニューヨーカーのキャラクターをライオンとかばとシマウマにして、動物園と野生の国とライオンの本能と友情とお気楽ハッピーエンドと動物愛となにかアメリカらしい感じのエンターテイメントでした。

楽しめました。

なにかハイエナ見たいのに襲われて、ライオンが自分の本能と友情を利用して、やっつけるところも盛り上がったけど、何かどこかで見たような流れ。

あ、そうだ。キリンもいた。ペンギンもいた。

でも、すみません。薄っぺらーい感は、否めませんでした。

バットマン・ビギンズの期待しないのに、すごかったのとは、違いましたね。

ロボッツの方がまだ良かったかな。

アンツやモンスター・ファクトリーだっけ、結構良かったよね。

アイスエイジは寝ちゃった。

キャラは、大事だと思う。そのパフォーマンス全体の良さも有るけど、キャラで持つというのも本当と思う。

そうそう昨日、サイドウエイを見ました。ビフォア・サンセットと同じようないい感じのちょっと大人の雰囲気のおっとりとした映画でした。

お奨めは、バットマン・ビギンズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンジャンボ

green_jumbo 年末のドリームジャンボで1万4千円くらい4等・5等で当たったので、今年は、ジャンボ宝くじに挑戦。

30枚以上買わないと確率的にあまり宜しくないとどこかで聴いたので、これで行ってます。

前回は、この大黒天のお札の付いた封筒があたりでした。

今回はどうかな?

2億円でしたっけ?

当たると良いね。

今回も同じ池袋西口の交番横で購入しました。

何か今年は、イベント付いてるんだよね。

来週は、アルディージャの試合にファンクラブから招待券が。

U2のチケットをプレリザーブ、大塚愛もゲット。

そして、ナイロン100℃のカラフルメリィでオハヨも届いた。

ガーラには再来週に行きたい。

屋久島は、夏過ぎかな。でも、行くよ。

今年のサンタ・バーバラはお預けかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

スプーン

このスプーンは、プリム・ローズ・ヒル・ロードで買いました。

キッチンの素敵なデザインのものを置いている。

NEC_0002 くねっと曲がっているでしょ。

ハニー・スプーンという名前だったと思う。

ハニーを出し入れした時の垂れるのをこの形でうまくきるのだと思っていました。

NEC_0001 こんな風にカップの端においてね。

今、気が付きました。

別にハニーでなくてもいい。

こうして、かき混ぜた後、カップの端に置けば、珈琲の垂れを切れる。

ソーサーが無いマグカップには最適。

気に入ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

油そば ぶぶか -高田馬場-

nec_0035.jpg油そば、ぶぶか。新井薬師を後に、西武新宿線で、高田馬場に戻りました。

お腹が空いた。なか卯か松屋かC&Cカレーが、高田馬場ならすぐ見NEC_0033つかりそう。吉野家がありました。この間、渋谷で『労働者M』の後、寄った時、豚丼がおいしくなかった。勿論、まずくも無いので、食べましたが…。

『ぶぶか』???

なんだろう???

『あぶらそば』???

なんだろう???

NEC_0034スープが無い!つけ麺でもなく、ラーメンでもない。

どうしようか迷いましたが『油そば』頼みました。油そばとおつまみセット、味付け卵、チャーシュー、メンマのセットです。

油そばは、いい。少し焼きそばに似ている。でも、決して焼きそばではありません。

写真は、そのセットを混ぜたところ。あまりおいしそうに見えないかな。味は良かった。NEC_0032

又新井薬師に行って、石の森章太郎の日本の歴史とPAPABUBBLEのキャンディーを買って、ここで食事をしよう。

NEC_0037 きっとチェーン店だと思います。

========

吉祥寺店もあるそうです 

(その記事から)

高田馬場にも店がある『ぶぶか』でございます。
店名の由来は棒高跳びのブブカが記録を伸ばしていくように、成長していきたいという願いを込めているらしいです。

 吉祥寺では、昼時にはけっこうな行列が出来てます。
ここのラーメンで食べたいのはなんといっても『油そば』600円です。
この油そばというのは、スープがなくて、麺とちょっとのタレ?で食べるラーメンです。
かなり味が濃くて、個人的に、好きなんですが、結構賛否両論あるようです。
味が濃いと思った人は、生卵を入れると丁度いい感じになります。マヨネーズも入れることが出来ますが…

 吉祥寺行列スポットの1つなので、一度、油そばというものを食べてみるのもいいと思います。おいしいと感じるかどうかは人それぞれかと思います………

明星外食事業株式会社の経営らしい…。

========

NEC_0039 食べていたら高校生が5人組で入ってきて皆、油そばを頼んでました。

ホットなスープが無いので体が温まるには、別メニューのとんこつか何かがいいでしょうか。

でも、この『油そば』、是非、お試しあれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

papabubble 新井薬師の楽しい飴屋さん

nec_0022.jpg新井薬師に行って来ました。朝の町の紹介テレビで見つけた飴屋さん。キャンディー・ショップ。

papabubble(パパバブル)    caramels artesonsNEC_0049

Tel/Fax 03 5343 1286  Arai 1-15-13 Nakano Tokyo / www.papabuble.com   行った時には、作っているのは見られなかった。でも素敵なお店だ。

新井薬師の『あいロード』に有ります。 新井薬師前駅から大分歩きますね。駅前のおまわりさんに聞きました。「3つ目の信号まで、まーっすぐ」「そこからあいロードが始まる。そこを真っ直ぐ行くとその洋風の飴屋さんがあると思う」

3つ目の信号にファミマがあって、そこで、プレリザーブで取った『ナイロン100℃』の『カラフルメリィでオハヨ』のチケットを発行。

NEC_0009そこのお姉さんにもう一度、飴屋さんのことを聞く。「あいロードを真っ直ぐ。酒屋さんを左。ずっと行くと左手に黒いお店があります」

OK。 有りました。新井薬師って面白い。老舗のようなお店もいくつかNEC_0020あります。古本屋さんと接骨院もいくつかありました。 下町?そして、ダックスフントと散歩しているカップルを2回見ました。老夫婦ともう少し若いカップル。

店内もシックでポップでシンプル。

店員さんも話しやすい。小さなパッケージを3つ買いました。

NEC_0024 カラフルできれい。

何だろう?フルーツの味、ミントの味。

甘すぎない。おいしい。

もうひとつ。駅前で古本屋を見つけました。

そこで質問「石の森正太郎の日本の歴史あります?」

きれいに48巻ありました。半額で3万円。

うーん、無くは無いけど、重いしどうしよう?ほしいけど、もっと安いの無いかな?

「帯付きで保存状態もいいし、安売りする気は無いからね」と念を押された。

電話番号を聞いて今日はそこまで。

この飴は、お奨めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

Aimee Mullins 心の恋人

aimee_1 エイミー・ムランを知ったのは、ある英文新聞記事。

僕のサブタイトルに刻まれている”So-Waht? Situation”

エイミーは教えてくれました。

『笑われたからって、何なのよ』

あなたがしたいことでしょ?

『失敗したって良いじゃない』そんなこと、やる前から心配したって何になるの?

大事なのは、あなたがしたいと思うその気持ち。

その気持ちを大切に全力でぶつかって見れば、きっと道は拓ける。

そんなメッセージをこのスーパー・モデルでアスリートで、

膝から下の足を義足で走るエイミーが多くの人に与えてくれた。

“You have to be fearless and go after what you want and that often means humiliating yourself and not being afraid to fail or be laughed at. I call that the ‘So what’ factor. You think to yourself: ‘So what if I fail? So what if I get laughed at’.” by Aimee Mullins

aimee_2 美しい人、強い心の美しさ。

エイミーは、多くの人に大きな希望を与え続ける。

その美しい心を見透かされるような瞳は何を見ているのだろうか。

もっともっとエイミーの話を聴きたい。

aimee_mullins

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

24 シーズンⅣ  -映画評②-

NEC_0001 TSUTAYAさん有難う!!

24のシーズンⅣは良かったー。

今まで、アメリカTVドラマでハマッタのは、

ER、Xファイル、フレンズ、アリー・マクビルかな、そうそう、ミレニアムもXファイルの後に見ました。

最近では、トゥルー・コーリング。これは、どうしてシーズンⅡがでないんだろう?

TSUTAYAでは、ONE PEACEもビデオは、見尽くしました。

そして、先週、ビデオ・デッキにテープが絡んで壊れてしまった。

他のビデオが見られなくて、日曜日に返しに行くと、クリーニング・テープを貸してくれました。

無料券も見られなかったビデオ分戴きました。谷下沢店長は、丁寧に対応してくれました。

TSUTAYAさん有難う。

結果的には、デッキはまだ直っていませんが、TSUTAYAさんの対応に感動、感謝。

さて、24(トゥエンティ・フォー)は、シーズンⅣが一番良かった。

Ⅰは、同時進行の3-4の出来事を画面を区切って映し出す趣向に圧倒され、最後にパートナーに妻を殺されてしまう結末にディレクター側に計算とそのアイデアにすごいエンターテナーがアメリカには、数多くいることに感動しました。

Ⅱは、娘が主役。

Ⅲは、トニーとミシェル。

大統領役も堂々としていて素晴らしい。その妻が憎たらしくて、策略家でハマッテいる。

Ⅳには、こうしたⅠ、Ⅱ、Ⅲの個性的なスタッフが帰ってくる。

そして、中国との政策的な一面も絡ませる。

これは、あっさりとゼロゼロ・セブン並みの方法でクリア。

あまり広がりを見せることは無かった。

アメリカのテロに立ち向かい、911からイラク戦争を経て、現在の状況に、行ってみれば世相にマッチさせたITと情報力、サテライト(衛星)を駆使した現代戦争が、平和な街の中で繰り広げられていると言う設定だ。

もうⅣまで来ると、どんなことがあってもジャックは死なないという『水戸黄門』のような安心感のなかで、ジャックのとてつもないどちらも取れない状況の境地、絶体絶命の瞬間も楽しく小スリルくらいの感覚で愉しめた。

急に副大統領が、国家の危機に対応できる深い判断力を持たずに繰上げで大統領になり、ミスを繰り返すところも、視聴者にこれも有るな、と思わせる心憎い嗜好だ。

こんな世界に立ち向かうアメリカは世界のリーダーなのか、こんな世界にしてしまったアメリカは、世界の最強独裁リーダーを降りるべきなのか?

素晴らしい才能の人達のたくさんいるアメリカ。先頭を走る国の苦悩と責任。横暴と傲慢。

北風と太陽。

イスラムとキリスト教は、そしてユダヤは、宗教は何故、戦争を呼ぶのか?

民族は、征服をし、征服をされることから離れられないのか。

そして、あまり強く宗教に寄らない日本を含むアジアの国。主に仏教が根底には広がっている。先日、行ってきたパキスタンは、1日に5回もお祈りの時間があり、会社でもお昼の後にお祈りの場所で時間を過す。

人々は明るく朗らかだ。この5回の休憩・瞑想の習慣が、仕事や人間関係で高ぶる心を茶の湯の一服のように静めてくれる効果が少しでもあるのではないだろうか?

人間とは、人間社会とは不思議なものである。

一人一人は気のいい人でも会社の組織に組み込まれるとそれぞれに立場や役割の中で個人ではなくなる部分が出てくる。

人とは、不思議なものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

Big Ben -ロンドン④-

ビッグ・ベンです。big_ben_london

誰がつけたのでしょう。ゴシック調の造り。国会議事堂の二つの大きな塔の一つです。

もう一つは、確かクイーンの塔の名前が付いていたと思います。

そこの扉は、巨人が通るような荘厳で、高い、金色で厚い圧倒的な扉があります。

the hour bell of the Great Clock of Westminster - known worldwide as 'Big Ben' - is the most famous bell ever cast at Whitechapel.

と有ります。

In 1844, Parliament decided that the new buildings for the Houses of Parliament, by then under construction, should incorporate a tower and clock. The commission for this work was awarded to the architect Charles Barry, who initially invited just one clockmaker to produce a design and quotation. The rest of the trade objected to this, demanding the job be put out to competitive tender. The Astronomer Royal, George Airy was appointed to draft a specification for the clock. One of his requirements was that:

"the first stroke of the hour bell should register the time, correct to within one second per day, and furthermore that it should telegraph its performance twice a day to Greenwich Observatory, where a record would be kept." (他のホームページより)

big_ben_london_3 この塔にはとうとう登らずじまいでした。

テムズ向こうのロンドン・アイには、2度ほど乗りました。

今でもすっと気持ちのいいデザインですね。

そして大きい。

この向こうにテムズに掛かる橋があります。

big_ben_from_other_side

テムズの橋の向こうから。

The name, "Big Ben" is almost universally used to describe the clock tower as a whole. However, officially, "Big Ben" refers specifically to the principal bell within the tower - the largest and lowest in pitch that counts the number of hours, following each hourly chime sequence. One theory says that the bell is named after Sir Benjamin Hall, the Chief Commissioner of Works. Another theory suggests that at the time anything which was heaviest of its kind was called "Big Ben" after the then-famous prizefighter Benjamin Caunt, making it a natural name for the bell.

The tower is also sometimes referred to as St Stephen's Tower, though this name refers to the other tower at the Palace of Westminster. This name might originate from St Stephen's Hall, site of the old House of Commons in the western wing of the Palace of Westminster, which is the entrance used by visitors wishing to view the proceedings of the Houses of Parliament, and British subjects wishing to lobby their MP.

ここに議会が開かれます。

big_ben_on_themes

テムズの向こうからの眺めはゆったりとしています。こんなに忙しい、激しいロンドンの時の流れをテムズは、ゆったりと受け止めてくれます。水辺の効果はこのロンドンの潤いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが町北本 北本駅 東口 -北本25-

NEC_0001北本です。北本駅です。デイリー・ヤマザキとなでし子歯科、米工房(JA)、古本屋さん、そして僕の駐輪場『春乃家』さんがあります。

僕の家は17号側にあります。NEC_0165

何か小奇麗だと思いませんか。

マクドナルドやケンタッキー、なか卯、パチンコ屋さん、携帯屋さん、交番、本屋さん、スパゲッティ屋さん、CD屋さん、いなげやさんなんかは、西口にあります。

東口は、 もう少し先に郵便局やがってん寿司、とんかつ屋さNEC_0172ん、天神様、おせんべい屋さん、うどん屋さん、小川家具、セイムス(薬屋さんです)が有ります。

クリスマスの頃はロータリーがネオンできれいでした。

なんか良いんだな。

あまりお店が無くて。

僕の町。いつまでも。

NEC_0174

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

Peniscola①  -スペイン②-

ペニスコラへ行きました。岬にお城の街があるリゾートです。この海と水とお城と天気が最高です。良く見て、良く見て、水の色が乳白色、深いグリーン、深い藍へとグラデーションしています。

les_trois_colours_peniscola

この方は、スペイン生まれカナダでフランス人と結婚し男の子が3人、女の子が2人。

カナダのモントリオールで大家族を養ってきました。

そしてここが生まれ故郷、スペインのリゾートの別荘のある地、ペニスコラです。

モントリオールでとてもお世話になりました。ロンドンに駐在している時に、この素敵なリゾートに招待されました。la_rue_au_coin_peniscola

ここは、バレンシア。

オレンジがどこにでもある。そして大きなサック(ずた袋)で、300円くらい?

そして、そしてお・い・し・いー。

わかった?

バレンシア・オレンジ。

バレンシアで食べる幸せを君にも!!

是非、バレンシアで食べてください!!

たまりません。

このお城からの眺めは、最高。

そしてこのお城の小さな町は、宮崎駿の映画に出てくるようなかわいい町。

lu_moule_et_le_chat_peniscola

鳩と黒猫。

おっとりと佇む町に君たちの姿が止まって見えた。ストップモーション。

bye_bye_peniscola バイバイ、ペニスコラ。バイバイ、おじさん、おばさん。

モントリオールでもお世話になって、ここバレンシアでもとても貴重な再会が出来ました。

これからバルセロナに汽車で戻ります。またいつか。又会いましょう。それまで、いつまでもお元気で。

もっと、もっと見せたいから、ペニスコラ。少しシリーズでお送りしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

北本市立図書館(中央図書館) -北本24-

NEC_0046 先々週借りた本を返しに行きました。

3時、4時くらいに終わっちゃうんだろうなと思って、5時ちょっと前に返却BOXに入れようと思って行ったら5時まででした。

又、2枚のCD、3冊の本を借りることにして今日は、いい気分。

借りたのは:

1) Rudolf Kempe / Tchaikovsky: Symphony No.5 Eugene Onegin - excerpts / Berlin Philharmonic OrchestraNEC_0001

2)  BRUCKNER Symphony No.7 / cond. by Herbert von Karajan / BERLIN PHILHARMONIC ORCHESTRA

3)  シラクのフランス 岩波新書853

4) ロンドンー地主と都市デザイン ちくま新書057

5) パソコンを疑う講談社現代新書1367

です。NEC_0032

また、2週間、時々このクラッシックを聴ける。

本は、全部読み終われないと思う。でも、少しでも僕の心の刺激に。

ここから、郵便局の交差点のドトールで一休みして、二ツ家ゴルフガーデンへ。

そして、TSUTAYAにDVDとビデオを返しに。ビデオが絡まって、デッキが壊れた。

店長さんは、丁寧に対応してくれました。これも記事に書きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

労働者M/ケラリーノ・サンドロビッチ -映画・演劇評①-

NEC_0012  僕の前に20人ほど並んでいました。当日券、1時間前。

よほど人気が有るんですね。特別席を用意して、NEC_0008特別立見席も用意して。

僕は、上から舞台全体が見える2階席の奥、F列4番。一番後ろの舞台に向かって左端です。

NEC_0015 やっぱり舞台を締めていたのは、犬山イヌ子さん、山崎一さん。

勿論、他のスタッフの人も皆頑張っていました。堤さんもきょんきょんも。

お話の筋は、少しバラケテいて取りとめも無い。

何か心の相談所のようなところ(現代)と近未来の収容所と労働者の革命の爆破作戦。

相談所の出来る社員NEC_0009の自殺とその近未来はその社員で繋がっている。

そして、相談所の社員は、その近未来でも収容所に登場する。

自殺や社内恋愛、手柄の取り合い、上司に合わせて意見を言うしかないサラリーマンとそれを自分の意見がないと嘆く、上司、でも、上司自 身の考えと違うと面倒なことになる。

組織の不条理。NEC_0013

日本に帰ってきて、演劇と言う演劇を見るのは、野田さんの贋作『罪と罰』以来です。

これは、仕事が入って、タクシー飛ばしても渋滞で、後半の30分くらいでしたでしょうか。

でも、見せてくれましたね。

松たか子も光っていました。

ケラリーノ・サンドNEC_0016ロビッチは、秀才か天才か?僕は、あまり下品なギャグは好きでは有りませんが、ナイロン100℃が演劇三昧で、都内の劇場に繁く足を運んでいた頃の掘り出し物でお気に入りでした。この旗揚げが、ケラーノ・サンドロビッチさん。 出世しましたね。

労働者Mは、出だしがミュージカル張りで、あらすじをミュージカル仕立てにして、ハッピーエンドの希望の持てるものにしたらロンドンで受けると真剣に思います。

南さん?そして収容所の女長官?の謎めきも行動の事由も弱いですね。労働者Mは、その女長官の恋人で、全く姿を現さない。これも何か謎めいたものですが、観客の僕は、それがどうしたと思えてしまう。これも何か存在感が弱い。

助かったのは、やはり犬山さんの演技でしょうか。ナイロン100℃の演技だと思います。

もう少し、どろどろした答えの出ない難しい問い掛けだけの演劇ではないものをケラリーノ・サンドロビッチさんに作ってほしい。

嫌いかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

Francfranc -池袋④-

nec_0007.jpg今日、池袋のフランフランで12000円のギフト券を使って移動出来るウィールの付いた小さな二段重ねで二段重ねの部分が360度回転するタイプのブックケースを購入しました。

お届けは来週土曜日の午前中。9時になでしこ歯科だけど大丈夫かな?NEC_0005

今、ISP EAST地下のパスタ倶楽部プシケと言うパスタ屋さんで遅いお昼を戴いてます。労働者Mを当日券で見ようと思ってます。

ISPは、Ikebukuro Shopping Parkの頭文字でした。NEC_0003

小奇麗でさっぱりした小さなお店で、焼き山芋ときのこのスパゲティ、サラダ、ドリンクつきで1,200円。2時間ほど粘りました。すみません。

Francfrancは、文房具や小物家具などに目が無い僕にとっては、楽しい場所ですね。

この池袋PARCOの5Fフロアには、このFrancfrancに負けないアジアングッズ・家具、輸入小物NEC_0001などのお店がずらり。

Francfrancだけじゃないですね。

Francfrancカードを作ったのは、セゾンカードを新宿のFrancfrancで買い物をしていたときです。進められて、好きなFrancfrancとセゾンが一緒になったのは好都合とすぐにサイン。Francfrancが乗っかってどうなるのかわか りませんでした。

結局、セゾンのオリジナルのカードと2枚になり何がなんだかわからない状態。そして、2枚もセゾンカードを使い分けるほど利用も無いので、セゾンFrancfrancカードのみにしdesign_chestました。

今日、またカードが割れました。この財布入れがプラスチックカードに良くないみたい。

さて、お陰で、ポイントはすべてFrancfrancのギフト券に交換と言うことになりました。

200ポイントで、3000円分のFrancfrancギフト券。今回は、880ポイントを800ポイント分、12000円分戴きました。

結構うれしいですね。

今回の買い物で、この部屋に3つ目の家具が来ます。この写真は、スチール製の棚です。3段あって、前の部分が雑誌などを飾れる。まだあまりうまく使えてません。もっと上手に使えるようになりたいです。どうです?いいでしょ。

2月26日(日)

Francfrac 手に入ったほー。じゃなくて、手に入ったよー。

ちょっと溢れていた本をこれから表と裏に入れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

Jazz Piano in Paris -パリ⑦-

jazz_in_montmaretre_1 パリの夜です。

モンマルトルの丘の上から。

オープン・ガーデンのレストランの隣ではストリートミュージシャンが3人でパフォーマンスをしています。

夜の雰囲気が取り巻いてうっとりする夜。

ジャズピアノを聴きにクレッペリーに向かいました。

jerome_b_sedeyn 昼間のジャズ・ピアニストとは違いましたが、ビールを煽りながらいい音を店中に広げて引き続ける。

Jerome B. Sedynさん。

自作CDかな?

買いました。

確かホームページもあるはず。

僕は、1664とハムクレープ。

おいしい、耳にもおいしい一瞬(ひととき)。

jazz_in_montmartre_2

piano_play

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月16日 (木)

ボートの上から -タイ⑥-

on_the_boat_1 タイで、象の次には、ボートに乗りました。

もうアユタヤ寺院と象とエキゾチックで、ゆったりしたタイの雰囲気にどっぷりつかった僕らは、レジャー気分満喫。

これが、最初に訪れた寺院です。ボートの上からその当時の人々と同じように水辺から。on_the_boat_2

グルッとアユタヤを一周。

途中、1メートルほどのオオトカゲが水辺に。

一瞬でした。

仲間はワニだと思った人もいました。

どろんっとこの運河に滑り込んで行きました。

on_the_boat_3

ゆったりゆらゆら。

タイの時は流れます。

ボートは狭い運河を時々そこを擦りながら進みます。

on_the_boat_6

なんという時の流れでしょう。

そろそろエアーポケットの一日が終わります。

on_the_boat_4 ここで、反対車線(船線?)の人達とすれ違い。

on_the_boat_5 ボートの案内人とジェニーさんです。

もう終わっちゃうのかな。

愉しい一日が。

明日からは、パキスタンですお仕事です。

タイに又いつか。

来たいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

小川家具店 -北本23-

NEC_0022 引っ越してきて、家具を買いました。

小川家具。

白いテーブル、2脚の白い椅子付き。

引き出しが付いていて、テーブルには、ガラス窓がNEC_0002あって引き出しの中身が見えます。

(片付いてなくてすみません)

近々、ベッドを買おうと思っています。

本棚も。

ここは、ベッドも充実していて3階が展示場になっています。

親切に説明をしてくれてベッドに腰掛けて、横になって確かめてくださいと言った気配りをしてくれました。NEC_0025

今は、クローゼット兼パッティングの練習部屋になっているベッドルームにベッドを購入する予定です。

また、記事を書きますが、Francfrancが大好きで良く立ち寄ります。

ロンNEC_0023ドンでは、HabitatやPierですね。

ここにもベッドはありますが、デザイン先行のFrancfrancなので、寝心地は良く確かめないといけません。

セゾン・Francfrancカードのポイントで、今、12,000円分のFrancfrancギフト券があります。

何を買おうかな。ベッドには程遠いし、専門ではないので、いい本棚があれば良いですね。NEC_0024

小川家具でも左右を合わせる形のいい本棚が有ります。

もう少し良く見て考えよう。

でも、小川家具にはいいもの有ります。是非、デザイン家具や良いベッドを選んで下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

Montmartre -パリ⑤-

monmartre_1 さあ、久しぶりにパリの話題。

モンマルトルです。

気分は、パリの恋人。

気分は、街の絵描き。

気分は、深い哲学を志す詩人。

気分は芸術のパリです。

サクレクール寺院の後の散策。

フィルムならず、デジカメの電池を換えるのと、コンパクトディスクをこのPCに移すのとで、カフェへ。

そこからのワンショット。monmartre_3

いい感じでしょ!!

これがレストランやカフェが回りに、中心に立ち並ぶ広場!!

にぎやか!!

愉しい雰囲気が伝わりますか?

もう心がうきうきして来ます。

この先に、ジャズピアノのライブを一日中やっているクレッペリーがあります。

名前は確か?Bouchon Rouge?

monmartre_5 先ほどの広場の角。

絵描さんがたくさんいます。

モンマルトルは、記事にしているブロガー、ホームページがたくさん。

それも皆さんそれぞれ興味深い愉しいパリのひとコマを写真と共に。

また、続きを書きましょう。

夜も素敵でした。

一度、ムーランルージュまで降りてから、どうしてもそのライブのピアノを聴きに、クレッペリーまで戻ったのです。

気持ちはパリジャン。

住んでみるとなかなか京都の敷居のように入り込むのも本当に心の中まで友人を作ったり(日本でも大変ですけど)するのは、つまり私はパリに気持ち良く受け入れられていると思えるには、色々あると思う。無い人は、素晴らしいか感じないか。いつもでもビジターなのだと思います。

monmartre_2 この画廊もいいですよね。

名画と呼ばれるものは、ルーブルやオルセーでたっぷり見られるけど、街の絵や無名の画家の絵を一枚、買って自分の思い出として我が家に飾るのも乙津ではないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

『ラッシュ』 切り売り石鹸のお店

gold_rush_2 右の緑色が、803 シーベジタブル 100g450円で、141g634円、左の紫が、2137 オー・ラ・ラ100g当たり950円(知らなかったこんなに高いなんて!!)で、148g1,406円。

しんさいたま都市駅のLUSHで買いました。

『販売店 LUSHさいたま新都心コクーン店』

大宮区吉敷町4-267-2 1F

製造元 『㈱ラッシュジャパン』 神奈川県厚木市下川入828-1

前の石鹸が残っていたので、やっとシーベジタブルをおろしたところです。

ロンドンのコヴェント・ガーデンで、花屋さんのようにこうした切り売りのgold_rush_4石鹸屋さんがあって、それにはラベンダーがそのまま入っていて、お風呂場に散らばってしまうかなりワイルドで、生な感じのものも多かったですね。

好きでした。

香りも良くて。

良く落ちるかは、あまり気になりません。その色や香り、存在そのものがいいのです。

先日gold_rush_5、六本木ヒルズの後にアマンドの角を曲がった時、そこにも『LUSH』がありました。

良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

おいしいお豆腐屋さん 手づくりやさん -北本22-

NEC_0004 トレーニング・ルームにTSUTAYA方面から向かう時、新しい未知の道を走っていて発見しました。

赤い看板、白い建物、こぎれいで広い駐車場、そしてここは、お豆腐屋さん。(楽天店舗があります:手づくりやさん楽天SHOP】は【株式会社手造り屋】が運営しております。 商品等のお
問合せ等ございましたら、 ... 手づくりやさん TEL048-728-0135 営業時間10:00-18:00 ...
)

今日は、

十目がんも 150円、じゃんぼがんも 450円、石臼豆乳元気(大) 315円、そして豆乳ドーナツ 200円、しめて1,115円。tofu_ya_1

ポイントカードを作ってもらいました。

『豆腐工場直販店 手づくりやさん』

埼玉県桶川市加納758-1

TEL&FAX: 048 728 0135   OPEN  10:00 - 18:00  水曜定休

2度目です。

今日は、トレーニングルームからの帰りに立ち寄りました。NEC_0030

実際、ここは、桶川市になります。

練馬に住んでいた頃、豊玉中2丁目だったと思います。

出来立て『がんもどき』大判のものすごくおいしい角の豆腐屋さんがありました。

気のいい老夫婦のお店で、湯葉や豆乳、おぼろ豆腐もおいしかった。

ここは、其処ほど素朴なおいしさではなくやはり原料の良さ、その場で生産している新鮮さがいいのではないでしょうか。

NEC_0006 中には、カフェテリアもあり、とても清潔で畑の中に生まれたそよ風のようです。

300円ごとのポイントカードは、50個溜まると500円分サービス。約3%のバックですね。1万5000円買ってとなると少し気が遠くなります。tofu_ya_card

僕の良く良く埼玉コープならば、毎週5000円くらいの買い物はしますが、お豆腐とがんもどきで、1万5000円は、毎回1000円の買い物でも15回、月に1-2回なので、1年かな。

もう少し、魅力的なポイントカードに出来ないかな?

北本の周りにもこうしたいいお店があるのは、うれしいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

ミュンヘン   -スティーブン・スピルバーグ-

ミュンヘンを見ました。予告を雑誌で読んでいたのである程度予測していた通りでしたが、スピルバーグ監督の監督としての力量の大きさと人間の心を映し出す表現力が映画の伝える力を僕に映し出してくれました。nec_0006.jpg

ミュンヘンで、オリンピック選手が9名人質に取られ、パレスチナ人捕虜の解放を要求した。

オリンピック開催中、1972年の出来事です。

僕は、まだ9歳、東西冷戦も当たり前の世界で、学校で音楽の先生 、女の子と交換日記を始めたりしているころです。

イスラエルには、3度ほど出張で行きました。

初めては、エジプトからでした。カイロの空港で、イスラエルの検問があります。

会社の社長の名前、いつ入社したか、自分の父親の名前、これからテルアビブで会う取引先の担当者の名前、住所、電話番号、手荷物は、空港に来る前に一時でも誰かに預けたか、梱包を誰かに頼んだかと45分以上、ずっと質問を2人の人交代で受けました。

1人目の人が45分後に、君の友人が空港で待っているよといってやっと開放してくれました。

夕方7時ごろだったと思います。取引先が遅くまで仕事をしていたので、調査員がした電話がつながり、開放となりました。

緊張が走る一場面ですね。

munich_ticketスピルバーグは、映像で語りかけて、問い掛けてきます。

国と国民。存在を維持するための力。
ユダヤは、どうしたら国を取戻せるか1000年以上も受け継がれて、イスラエルを中東の地、エルサレムのある場所に作ることに成功した。
こんなこと誰が出来るのかな。
宗教の力でしょうか。

暗殺者の最後は、暗殺し続けるか暗殺されるかなのか。
安らぎを求めた戦士は、大きなものを失っていたのか。
英雄とは、人の心はわからない。憎いという心はどのように
向き合ったら良いのか。

あだ討ちは、江戸時代は清きこととして称えられていなかったか。
そういう人間の心も大切なのか。人殺しを正当化するとどうなるのか。

何か落ち着いて、誰かに深く考えた人達に言葉をいただきたい。munich_2

見たのは、池袋西口の『池袋シネマ・ロサ』

立教の学生も多いのかな。『Munich』人気もあって、混んでいました。

皆、それぞれ色々な思いをスピルバーグ監督からもらったのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

トレーニング・ルーム -北本21-

NEC_0008 北本市総合体育館にやっと行ける余裕が出てきました。

新しいトレーナーのお姉さんが来ました。

土日に午前午後(11時・3時)にやってくださる体操がメリハリがあって、僕にはいいです。

今まで、40分以上エアロビクスの容易なものを行い、ストレッチングをまた、20分前後でしたが、エアロビクス30分、ストレッチング30分に決まったようです。

1月に出張があり、太りました。血圧も140から下がらなくなりました。うーん、何とかせねば!!NEC_0019

1週間に60分歩くと成人病になるのを防げるそうです。頑張ろう。

出来る様で、仕事がかさむと忘れてしまう。

そんな年齢です。

毎週、1回はここでたっぷり汗をかきたい。

NEC_0016 ここが、北本市体育センターの受付です。

いつもここで、500円のトレーニングルーム使用料を支払います。

もう少し安定して通いたいな。NEC_0021

NEC_0011 お腹もすっと凹ませたいし。

もう少し仕事と体とプライベートのバランスを取って過したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

六本木ヒルズ

nec_0004.jpg六本木ヒルズに初めていきました。

仕事で法律事務所にアドバイスを戴きに来ました。

このエントランス横に立つオブジェは、スパイダー好きのアーティストが作成しNEC_0003た大型オブジェの一つです。ロンドンのテート・モダンに展示されていました。確か、作者は女性だったと思います。お腹には、卵を抱えています。

好きですね。

このオブジェ。くもの足の向こうに東京タワーが見えます。

場所もこんな場所に建てたなんてすごい。

仕掛け人は誰だろう?

NEC_0008 今、話題ですね。

ライブドア、ありました。当たり前ですね。NEC_0009

ヤフー、楽天、などなど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

象乗場 -タイ⑥-

zou_noriba_1  いいでしょ。像に乗るなんて一生考えたことも無かった。

まさかこんなことで、こんなところで。

象使いは上手に象を操って僕たちを散歩に連れて行ってくれました。

・・・

言葉もありません。

なんか気持ちいい。

象にもイルカと同じように癒しの波動みたいなものが出ているのかな。zou_noriba_2

さあ、出発。

NEC_0036

のっそのっそ、ゆらゆら、ゆっくり揺られて行く。

タイはのどかだ。

のっそのっそ、ゆらゆら。

運河に沿ってゆっくり歩く。

NEC_0037

ここですれ違い。のっそのっそ、ゆらゆら。

あー、気持ちいいなー。こんな一日もいいなー。NEC_0035

zou_noriba_3

zou_noriba_4 ここから像に乗ります。

ゾウ村では、象使いの人が象に乗るときには、象が右足を上げて階段を作ってあげていました。

象っzou_noriba_5て馬や牛みたいに従順な動物なんですね。

人間も動物と仲間になれる。ムツゴロウさんみたいに簡単ではないと思うけど。

これは、象の仏像。神様の子供で芸術や学問の神様らしい。神様の落とし子で、とても美しい子供だったけど、何かの理由で、首が無くなった。

後に神様が、慈悲で近くにあった像の首を挿げてくれたらしい。

僕の記憶はどうも曖昧なので、正しいお話を知っている人は教えてください。

zou_noriba_6

アユタヤの寺院を見て、ゾウ村で、あき子ちゃんに出会って、象に乗って、これからこのアユタヤを守る運河を巡ります。

ボート乗りに出発。

とても濃厚濃密で、心豊かになるタイの一日です。

やっぱりジェニーさんに感謝。

有難う。タイが大好きになった。今度は、フローティング・マーケットや、バンコク市内、プーケットなんかも行ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

なか卯 -北本⑳-

NEC_0043 北本駅西口、マクドナルドとケンタッキーフライドチキンの間にあります。

なか卯NEC_0042

これが、今までに無い和食のファーストフード屋さんです。

カツ丼、うどん、カレー、そして牛丼。

今の季節限定が『鶏塩うどん』。

うまいよ。

今なら50円引きのクーポン券がもらえる。

NEC_0044 ご馳走様。

このお店は、北本だけでは有りません。

都心にもよくあるチェーン店。

マックのハンバーグでもなく、ケンタッキーのフィレサンドでもない。

和食の気分の日は、駅前だし、なか卯もいい。

吉野家でも松屋でもない。

良い感じのお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

北本産 米工房 -北本⑲-

NEC_0001ケンちゃん玉子(L)。

埼玉県北本市朝日4-37、電話048-591-3967、吉住養鶏場。

田舎まんじゅう、松村和枝、北本市産、315円。

これが溜まらずにおいしいです。

淡い黄色いおまんじゅうの皮が、中身のあんこを引き立てます。

手打ちうどん、300g、130円、北本市産、清水美代、北本市石戸宿。

この生うどんも手ごろでおいしい。

皆、春乃家の隣のJAのお店、米工房で買いました。

NEC_0002

うどんは土鍋でぐつぐつ。いろんな野菜を適度な大きさに切って、ドサドサ入れます。

北本で育った玉子、北本で作られたおまんじゅう、北本の人が打ったおうどん。

何か幸せな気分!!北本へ、いらっしゃい!!

       I'm loving it!!

もっと、いっぱいおかき(お餅を揚げたおせんべい)や、パウンドケーキ、ほうれん草に、大根、お味噌なんかもあったかな。

お値段も手頃でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

北本プラネタリウム  -北本⑱-

NEC_0045北本プラネタリウム。NEC_0033

2月25日に北本市文化センターにピアノ、ソプラノ、フル ートのコンサートが来ます。出演者は、仲道郁代さん(ピアノ)、佐藤美枝子さん(ソプラノ)、山形由美さん(フルート)です。中央公民館がこの文化センターにあるので、チケットを取りに行きました。

nec_0015.jpgそして、プラネタリウムを再発見。

引っ越して来たばかりの時、行こうと思いましたが、この西口にあまり来なくなってしまって、すっかり忘れていました。

NEC_0035今日のお題は、『オリオンとプレアデス』。

狩人のオリオンが歌と踊りの上手な7人姉妹を見て、恋 に落ち追いかけてしまうお話。NEC_0009

天井のドームの下の東西南北に北本の景色、矢印で説明をしてくれます。

今晩の夜空をゆっくりと説明してくれました。

そして、実際には街の明かりで見えない星をすべて移した時、『ワーッ』、親子でいらしていた人達から溜め息。

きれいですね。NEC_0010

夜空。

そうそう、プラネタリウムの椅子って天井に向けてリクライニング出来る。

土日の3時半からこの投影会をやってくれます。

もっと宣伝すればいいのに。

日曜日は、その前の1時半も。今日は1時半の投影会に参加しました。

入場料、市内100円、子供50円。市外150円。NEC_0011

投影時間は45分。

スバルやオリオン大星雲、土星、シリウス、ペテルギウス、プロキオン、カペラ、アルデバラン、カストルとポルックス、リゲル。

NEC_0022大熊座の尻尾は北斗七星、小熊座に北極星。

土星と火星。

NEC_0023

オリオン大星雲は、星が生まれるところとして今、注目されているらしい。

北本市文化センター (中央公民館)

〒364-0033 埼玉県北本市本町1-2-1 Tel: 048 591 7321

ここに、プラネタリウム、大ホール、図書館があります。

今日は、プラネタリウムのある2階で、絵画の展示がありました。

次回、この図書館、絵画展を紹介します。

プラネタリウムは、星空を物語や想像の世界に導いてくれる切っ掛け。

そこに見える星から科学と文学と現代最新の事実と未来と何億光年の遠い宇宙、そして夜空をきれいに映してくれます。

是非、お近くのプラネタリウムに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

タイで夕食 -タイ⑤-

dinner_in_amari_1 思わぬタイでの宿泊。夕食も一緒にしましょう。パキスタン行きを一日足止め。バンコクの空港近くのホテルで夕食。

心配してもしょうがない。

さあ、食べよう!!

NEC_0013 きれいなホテル。

夕食もおいしそう。

僕は、カレーがスーッと辛くておいしかった。

タイの衣装ですか?ウエイトレスさんをモデルに一枚。

NEC_0012 このホテルいいよ。

空港の近くなのに。ビジネスホテルではない。

豪華な感じとゆったりしたサービス。

良く見ると全体が茶色ですね。

アース・カラー。落ち着く色調です。

NEC_0014 ゆったりしているのは、スペースもそうです。

山の国、日本との違いでしょうか。バンコクは、平野です。

ゆっくりと食事をしました。

まずは、自己紹介。僕と同僚、パキスタンで大理石の屋内装飾をしに行くお二人。

明日も一緒に行動しましょうか。飛行機も一緒ですし。そうですね。

旅は道連れ、世は情け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

ゾウ村 Elephant Kraal -タイ④-

zoumura_thai_1 ゾウ、ゾウ、ゾウ、ゾウ、ゾウーーーーーー。

ここは、ゾウ村。

そして、これは子象。

かわいい。

zoumura_2

ここで、素敵な出会いがありました。

タイ人でゾウ使いの旦那さん、『シオン』と結婚、タイに4年住んでいる遠藤あき子さん。

ひょいと抱いているのは、愛息子の大樹君(漢字はこれでいいかな?)。そして、彼女は、北本のお隣、桶川出身です。What a coinsidence!!

二人で、『えーっ、そうなんですか。』 もう、一気に親近感!

zoumura_akiko おっとりしていて、タイそのもの!!大樹君が恥ずかしがりやで、お母さんに抱きつく子猿のよう。(かわいいと言う意味です)このElephant Kraalの日本語訳(直訳では有りません)を彼女がしました。

zou_kraal_4

王様が社で捕らえた野生のゾウを謁見。

良いゾウを選びます。

このゾウは、戦闘用、このゾウは、御輿を載せてと。

zou_kraal_1zou_kraal_2

zouboy

zou_kraal_3

ゾウの鼻は、ゾウの手で、腕で、結構力強い。もらったえさをあげる。食べられる紙で包んだナッツかな?

グイッと僕の手から取った。

皆も一緒にえさをあげた。

zou_feed_1

慣れてるから突進して寄ってくる。

はい、どうぞ。

zou_feed_2

バイバイ、あきちゃん。大樹君。これからパパに会いに行ってくるね。元気でね。又来るね。bye_akiko そして、ここからゾウ使いのたくさんいるゾウ乗り場へ行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

屯ちん -池袋④-

NEC_0040 ラーメンの激戦地、池袋。

大勝軒、麺や加藤(だっけ?)、洸麺、げんこつラーメン、そして

この『屯ちん』。

僕は、ここのとんこつが大好き。

同じ値段で、大中小が選べます。

つけ麺もいいみたいなので今度、チャレンジしてみます。

NEC_0038

喫茶店ベローチェと吉野家の路地を入ります。

イルムスのあたりから道路を渡って行きます。

グリーン・シアター通りの駐車場を一つサンシャイン側です。

背油が好きな方にはお奨めです。

原宿や銀座にある『じゃんがら・らーめん』のようなバラエティーは、ありませんが、真っ直ぐな”ト・ン・コ・ツ”です。

NEC_0039 今日は、中はいっぱいでしたが、並んでいませんでした。

おいしいラーメンを待つことが楽しみな方、是非どーぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

Ayutaya寺院  -タイ③-

ayutaya_5 ayutaya_1 はーい、鯛です。いや態です。うーんタイです。

時々、PCって意地悪だと思いません?

普段、絶対でない漢字変換がでてくる。

さて、タイです。

アユタヤです。

この茶色のお腹ポッテリが僕。

真ん中の若いのが2児の父。後ろの二人もお父さん。親父4人が、成田の大雪で、バンコクのトランジットに乗り遅れ、Thai Airwayが用意してくれたホテルで一泊。

パキスタン・カラチの便は、この日、夕方の6時過ぎの一便のみ。

することは、・・・    観光しかありません。

4人ともパキスタンでの厳しい仕事を覚悟で、大雪の女神様の一日だけのエア・ポケットのような南国の旅。

こんなに楽しい一日になるとは、4人とも思っても見ませんでした。ayutaya_6

ayutaya_2 昔のタイは、運河や川が交通手段。

この寺院にも目の前の川からお参りに来ました。

ゆったりと流れる川。

もう、タイの時間が流れています。

僕らの心の中を。

ゆったり。

とちゅうでごめんなさい。やったー、U2のチケット、Get!!!

信じられない。生U2が見られます。

ほんとにぴあのプレリザーブはいいよ。会員になるだけ。

無料です。

基い。

ayutaya_3

この寺院に登りました。良い眺め。急な階段が少し恐いです。

このアユタヤは、見渡す限りの平地。まったりします。

そして、人も良い。天気も良い。

旅は道連れ。世は情け。今日の僕らは思いっきりこの時間を楽しみました。

運転手のチャンさん、ガイドのジェニーさん。タイの名前は、レンさん。リンだと猿の意味なので間違えないでと言っていました。逆だったかな。

このジェニーさんが僕らの一日を何倍にも愉しい旅にしてくれたのでした。

有難うジェニーさん。チャンさん。そして、タイにも感謝。今度は、プライベートで来ます。

ayutaya_4ayutaya_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »