« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

グエル・パークその1  Barcelona

Gueru_park_1 地中海の海と空に面したバルセロナの丘公園。

GUELL PARK

からの絶景です。

おもちゃの国のお城のような建物は。

Antoni Gaudiさんの設計です。

僕の家も作ってほしい。Guell_park_2

広いでしょ。

この公園の周りに在る建物は、個人のものも在るのかな?

Guell_park_3

こんな眺めが楽しめます。

360度見れたかな?

でもかなり高い。

Guell_park_4

地下鉄?だったかな?

の駅を降りて、それともバスだったかな?

こーんな坂道を登ってきました。

Guell_park_5

エスカレータもあります。Guell_park_6

みんなの憩いの場。

丸みの在るデザインに色とりどりのタイル。Guell_park_7

この女の子も緑とカラフルなタイルとおじいさんかな。

素敵な写真になりました。Guell_park_8

その頃の僕。

人々が暖かい。

天気も暖かい。

心が暖かい。

ラテンの優しさに包まれて、ロンドンのアングロサクソンの世界から少し開放されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

水パイプそして食事 商談の後で

Nec_0075_5

中東担当の頃、よく水パイプを代理店さんと一緒に吸いました。Nec_0079_6

なんか、不思議の国のアリスのキノコの上で、ぷかぷか水パイプを吸って、脈絡の無い会話をする青虫みたい。

大きなパイプ。

リンゴの味や他のフルーツ味が頼めます。Nec_0033_15

タバコとは違いますね。

別になんとも無い。Nec_0037_12

商談を終えて、よく食事も共にしました。

代理店契約なので、ほぼ1年の契約を終えて、これからお互いにやるぞ、さあ、食べましょう。

テーブルを共に。

中東では、チャイ(甘い紅茶)と水パイプ。Nec_0038_11

そして、食事です。

さあ、これから1年、共にまた仕事をして行こう。

食事は、商談を越えたお互いの気持ちがまた一歩近づく打ち解けたひとときになりますね。

お互いに事務所、会社に戻って、e-mailや電話で話す時も一緒に食事をした仲になっていることで、今まで以上にスムースに、話すのも楽しい。Nec_0041_9

イスタンブールでは、いつもケバブの肉肉肉のお皿が続きます。

Tokuだったかな?アニス酒を飲みます。水を入れると何かの科学反応で、白く色が付くお酒です。

どんどんお腹が成長して行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

術前術後 北里研究所メディカルセンター病院 入院日記

Nec_0030_12手術が終わりました。

一日に3本も4本もの点滴を替えられます。

食事は、3-4日取れませんでした。

手術前日も万が一、腸に傷が付いた場合の為に、胃や腸を空にする為に絶食。

Nec_0002_43

確か、水分は良かったと思います。お茶や水。Nec_0003_41

術前。Nec_0039_9

術後。Nec_0041_8

一生懸命歩きました。

早く直りたい。

最初は、ベッドに寝ることさえ出来ない。

お腹が痛くて。

リクライニングを少し上げて。

手摺りに掴まりながら、どさっと倒れるように寝転びます。

全くお腹に力を入れられない。

痛い。Nec_0032_11

廊下の端の窓から見える北本。

この廊下の端から反対側の端まで。

読んでいる本の裏表紙に正の字を書きながら、毎日、10往復、15往復。Nec_0057_6

だんだん外にも出られるようになって。

元気も出て来た。

ベッドもリクライニングを立てなくても手を付いて、何とか横になれるようになって来ました。Nec_0068_2

やっと食事も許されて、点滴もはずされて。

もっと自由に歩けるようになった。Nec_0049_8

もう少し遠くへ。Nec_0022_28

これが北里の全景模型。

こんなに広い敷地で自然に囲まれていて。

療養にはいい環境だと思います。

お陰さまで、先生に翌週月曜日退院の予定を2日前の土曜日にすることを許されました。

この日、Mariah Carryのコンサートに行くことが出来たのは、奇跡です。

今は、術後退院後のケアで、来年1月のスノボーを目指しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

陶芸を教わる 上尾陶芸教室

Nec_0007_32

今日は、先生が一日いてくれて、帰り際に、実演をしてくれました。Nec_0008_27

親指の腹で、底をしっかり作ります。

土殺し、土取り。Nec_0010_23

左手、親指と人差し指、中指の3本で、土を上げて行きます。

届かなくなったら、片手で届くところまでを仕上げて。

今度は、両手で、底から擦り上げるようにします。Nec_0012_36

基本の湯飲み、ビヤタンブラー、そして中鉢、どんぶりまで見せて頂きました。

中心出しがきちっと出来て、轆轤の回転を利用して、土を均等に(土殺し)して行きながら、整形していきます。Nec_0013_38

あっという間に、きれいなどんぶり(中鉢)が出来ました。Nec_0011_39

綺麗な器です。Nec_0006_30

僕の湯呑みは、世界に一つで、味があると言えば、聞こえはいいですが、プロのものでは決してありません。Nec_0014_29

縮むので、少し大きめに作って、取っ手をつけたい。

コーヒーカップにしたいんです。

これが出来たら、ソーサーも造りたい。

しっかり基本を繰り返して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

北里の秋 北里研究所メディカルセンター入院日記

Nec_0043_5朝です。

手術が終わって、体力回復に、病院の周りを散歩します。

Nec_0044_7

落ち葉を集めています。Nec_0045_10

紅葉しています。Nec_0046_11

綺麗な赤ですね。

絵の具の赤は、誰が決めたのでしょうか。

この自然の葉っぱが色づく色は、赤と黄色のグラデーション。

これも赤、そして黄色。

RGBは、Red/Green/Blue?

MCYBは、Magenta/Cien/Yellow/Black?

油絵を始めて、色は面白くて、難しくて。

楽しい。Nec_0047_5

あれっ、ボケてる。

これ本に挟んで持って帰ろう。

陶芸に使ってみよう。Nec_0058_5

これは柿?Nec_0061_2

コスモスとネギ。Nec_0078_5

森で見つけたどんぐり。

どんぐり拾うなんて、何十年振りになるだろう。Nec_0079_5

手術のお陰で、秋を感じる時間をもらえました。

でも、手術は、もうしたくないですね。

健康に気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月24日 (金)

絵画の中の女性たち

Josei_1素敵な女性ですね。

絵画の中の女性たち。Nec_0009_23

この女性の絵は、今の僕の待受けです。Nec_00091

飾られているのは、この向きです。

でも、最初の寝た形の方がよくありませんか?Nec_0037_11

この絵は、僕のお気に入り。Nec_0021_25

女の人には、何か宇宙を見抜く瞳を持っている。Nec_0028_18

この春の中の女性も。Nec_0026_15

この人生を経験してきた女性にも。

なにか生命を見抜いた魂がある。

Nec_0007_30

瞳に何かが在る。

Nec_0025_17

先程のバレリーナの絵を描いた人と同じ画家です。

  Nec_0015_40

此処は、赤ちゃんとお母さんの病棟。

絵も絵本のようです。

手術のお陰で、此処、北里研究所メディカルセンター病院を知り、此処の絵に出逢えて、少し絵に対して何かをもらえたと思う。

これからどれだけいい絵を見たり、僕の絵を描く時の気持ちを少し変えてくれたと思います。

美術館で見た絵を日本では、写真に取れないのが残念です。

ルーブルのモナリザやミロのビーナスは、このブログに紹介出来ました。

どうでしょう。

絵画は、写真を撮ってもいいのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

さぬきうどん水織(みおり) 楽市楽湯向い(国道17号沿い)

Nec_0013_37

土曜日のことです。

いつも休みだと思っていたうどん屋さんが開いていたので、入りました。

トレーニングをして、楽市でゆったりと1週間の疲れを取り、お昼をこちらで戴くことにしました。Nec_0005_40

いっつも見ると閉まっていたと思う。Nec_0010_22

天井が高い。

なんか清潔感があります。

店員さんに『よく閉まっていますよね』と聞くと、『3時から5時までは、お店を閉めています。水曜定休ですが、他の日は開いてますので宜しくお願いします』と言うことでした。Nec_0014_28

この掻揚げを入れたお皿とどんぶりがいいですね。

こんなの造りたい。Nec_0009_22

これがエントランス。

丼ものとうどんのセットがお薦めのようです。Nec_0012_35

向こうに見えるのが楽市楽湯です。Nec_0011_38

真向かいがマック。Nec_0015_39

最初は、普通だなと思いました。

噛めば噛むほどうまい。

不思議な感じ。

つゆや一緒に入っている具の味と絡まってうどんがうまくなる。

ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

芸術の森  上野

Ueno_1ここは?

モンマルトル?

パリ?

Ueno_2

可愛い女の子がチョコンと座って、似顔絵を描いてもらっている。

この子のまなざしが何か見通されているみたいで、なんか、ごめんなさいと言いたくなる。

なんか悪いことしたかな?

Ueno_3

美術館側の上野駅です。

Ueno_5

上野駅前の丸井。

こんな大きなバナーにしてもらえる女性って凄いですよね。

Ueno_6

上野の駅は、すっかりモールが綺麗になって、賑やかです。

Ueno_7

美術の森、上野。

お池と動物園。

アメ横。

おいしいとんかつや。

その他にも老舗がいっぱい。

下町。

演芸。寄席。

もう少し周遊の案内を考えて、町全体を面白く出来る歴史と建造物、公園、美術館などが揃った小さな観光の街としてもっと楽しくなると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

北本自然観察公園 朝日 水辺 水鳥

Nec_0015_38

朝日が木漏れ日。

Nec_0010_21自然公園の水辺。Nec_0014_27

こんな散歩道が近くにあったらいいな。Nec_0017_31

水辺と水鳥を良く見ることの出来る木道。Nec_0018_29

小さな尾瀬の湿原。

北本の湿原。Nec_0020_30

土の上を流れる小川。Nec_0008_25

鴨たちが、朝の水辺に集まって。Nec_0019_34

向こうの木に白い綿毛のように見えるのは鷺です。

いいな自然って。Nec_0036_10

北本体育センターに在った『北本市民憲章』です。

”緑にかこまれた健康な文化都市”

『わたくしたちは郷土を愛し、自然を大切にします。思いやりの心を育てます。教養を高め、きまりを守ります。』

結構好いこと言ってませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

北本自然観察公園 自然学習センター

Nec_0080_4

北本には、自然がいっぱい。

近所でも季節を感じることが出来ます。

ロンドンのハイド・パークや僕の大好きなリージェンツ・パークのように、北本にも自然公園があります。Nec_0082_2

僕にとって、こうした自然の中の公園で重要な一つの景観は、水辺です。

この公園には、水鳥のSanctuaryがあります。Nec_0081_3

ここは、駐車場の向かいに在る公園の一つのエントランスです。

北里研究所メディカルセンター病院の裏にあります。

入院中の散歩の時に写しました。Nec_0085_2

北本の自然を伝える自然学習センターです。Nec_0086_4

ボランティアやイベントで、虫博士とこの自然公園を歩いたりしたいですね。

1000円くらいでやってくれないかな。

Nec_0083_7

学習センターは、この入り口の橋を渡ってすぐ在ります。Nec_0084_6

これが学習センター外観。

この裏に鳥の遊ぶ水辺があり、木道の橋から鴨や鷺のような鳥たちを観察できます。Nec_0088_1

北本ではなく埼玉県の運営なんですね。Nec_0087_1

こんなにたくさんあります。

週末、休日を利用して散策にドライブに出てみても良いのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

Dead Sea イスラエル側から

Nec_0001_45

イスラエルの顧客を周り、最終日に半日、Dead Sea(死海)に行きました。

これも2000年前後のまだ、中東が落ち着いている時期です。向こう側に見える山岸が、ヨルダン側です。

少し深いところに行くと、胸近くに水が来た時、両足が、ポコン。

浮かび上がって、体が浮いています。

両手、両足が、水の上。

ブイには、塩の結晶。

なんか岩塩浴みたい。Nec_0004_35

マイナス150メートル。

海面より低い。

砂漠です。Nec_0005_39

砂の砂漠とは違う。

これも砂漠です。

キブツだったかな。

所々に部落のようなうちの集まったところがあります。

イスラエルが、既成事実を積み上げるように、人を住まわせて国土を広げた前線基地です。

パレスチナ人たちは、土地を持たない。流浪しながら暮らす。そんなくらしに国の境を線を引いていった。

此処イスラエルには、肌に感じる緊張があります。代理店の社長は、僕をハイファの北、レバノンとの国境まで、僕をドライブで連れて行き、『見て下さい。テレビにニュースで見るような戦車や部隊がどこにあります。イスラエルは平和です。』としきりに強調していました。

そして、ラジオを常に聴いている。

『今日は、エルサレムには行かない。別の道を通る。』僕は、キリスト教、ユダヤ教などの聖地を見てみたいと思っていました。

ラジオで爆破事故か何かあったようです。

エジプトからテル・アビブに飛ぶ前に、カイロの空港で、1時間以上、イスラエルの入国担当官がひとりひとり質問をします。『君のお父さんの名前は。会社の社長の名前は。テル・アビブには誰が待っている。君の生まれた町と今住んでいる町の住所は。お母さんの年齢は。』

およそ本人しか知りえないと思われる質問をずっと続けて、『手荷物やスーツケースはいつ荷造りをしましたか。此処に来るまでに誰に預けましたか。あなたの為です。』

そして、最後に代理店に電話をしたらしく、『Your friend is waiting at the airport. You may go.』

どんな自爆テロや爆弾を見知らぬ乗客に荷物に入れられるか、非常に気を使っていました

その危険度の低かった時代も見えないピリピリとした空気は、イスラエルにいる間中、続きました。

おいしい食事も素敵なビーチもそして、この死海のリゾートも堪能しました。Nec_0002_41

ミネラルいっぱいの泥パック。

この泥、売っていました。

僕もつま先から頭の天辺、髪の毛の先まで、泥で固めて日光浴。

干からびてパリパリになった泥をボリボリ落として、天然のスパ(温泉)へ。Nec_0003_39

この頃、僕は、中東が担当。

初めての出張は、イラン、トルコ、UAEでした。

中東なんて行った事が無い。

普通の民主主義や商習慣、日本や欧米式のという意味ですが、根本では通用しない国々、世界の火薬庫と言う印象でした。

ところが、彼らは、アジア人。

欧米人よりずっと僕らに近い感情を持っていました。

人懐こい。

親切。

僕だけの感想ですが、欧米人は石やセメント、アジア人は、木や縄といった感じがします。

頑丈な硬い石、石ほど硬くも頑丈でもないけど少し暖かい温もりのある木。

欧米人の友人もいますし、暖かいHospitalityで、カナダやイギリスに滞在していた時には、とても過しやすかった。ありがとう。アジアと欧米を僕の感覚で、表現してみました。欧米人が皆、冷たいと言うことではありませんので、僕の友人達のためにも付け加えたいと思います。

初めての出張に行く前、友人に『雑誌の通販で売っている防弾チョッキでも買った方が良いかな。生きて帰ってきたらまた電話する』と言っていたのを覚えています。

イスラエル。

ユダヤ人は凄いと思います。

差別などではなく、僕の知り合った人達は、気持ちの暖かい人、非常に聡明な方が多いですね。

宗教や国、民族、人種、国土、政治、権力…。

先日のJohnのコンサートのように、ImaginのようにNo possession, I wonder if you can.と言うわけには、簡単には人間は行かないようです。

それでも、少しでもよりよい形でこの地球の豊かさを広げて、分け合えるようになりたいものです。

出来るところから。自分の身の回りから。一度でも一分でも。

考えて、行動して。

良く周りの人の気持ちも自分の気持ちも大切に考えて。

それでは、また、思い出を探って、昔のアルバムからレポートをします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月18日 (土)

最近の陶芸

Nec_0004_34 これが最近の僕の作品。

夢にもTamate屋にも出していません。Nec_0002_40

上が、サラダ用に作ったつもりです。

下は、北本芸術展に展示したランプ・シェード。

Nec_0006_29

こんな長ーいお皿も挑戦。

多々良は、難しいそうです。

反ったり、捻じれたり。

北里で拾った落ち葉とどんぐりを押して模様を付けて見ました。

今、赤と黄の釉薬を水口先生にお願いしています。

どんな釉薬で色づけようかな。Nec_0005_38

湯飲みとどんぶり。Nec_0003_38

少し作品が溜まったら、ゆっくりとロクロを練習しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

上質なクリーム 葉加瀬太郎

Nec_0006_28

大宮ソニックシティ、葉加瀬太郎さんと握手しました。

このCDを買うと握手が出来ます。

情熱大陸のテーマ。

バイオリンって、シェークスピアの演劇のようですね。

喜劇と悲劇が同時に表現できて、饒舌。

ギターが良かった。チェロも。ピアノも。パーカッションも。

そして、古沢巌さん。

酒場のフィデルのように、乗り乗りの曲で、皆立って、手拍子。

映像も素敵でした。Nec_0005_37

並んでいる時。Nec_0011_37

これがソニックシティ。Nec_0012_34

ホール前の広場。Nec_0007_29

このバイオリン・デュエット曲もたっくさん。Nec_0009_21

休憩時間。Nec_0008_24

ぴあカウンターがあります。

上質のクリーム。

素晴らしい演奏家のセッションのようなバンド構成でした。

須川展也さんのコンサートに感動して、葉加瀬太郎さんのコンサートで、こんなに音楽って楽しいと思いました。

きっと、どこかへ行ってしまうと思うけど、握手の時に最近出来た一番良い出来のお猪口を渡しました。

赤荒の土で、白萩をたっぷり。

土見せのオーソドックスな形。Nec_0014_26

大宮駅と月。

大宮駅は、結構パンクです。

Nec_0013_36

此処に頭屋(かしらや)さんというおいしい串屋さんが在るそうです。Nec_0015_37

いい夜でした。

葉加瀬太郎さん、また来てください。

また、楽しく音楽を聴きに来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月16日 (木)

油絵 尾瀬をもう少し

Nec_0004_33

雨だったけど。

尾瀬は良かった。

もう一度行きたい。Nec_0006_27

少し描き込んで、木道が、雨に濡れて、空に輝いている感じを出そうとしました。Nec_0002_39

天気が良くて、ベランダの花も綺麗。Nec_0008_23

色々な絵の具を混ぜて、色を創る。

面白い。

変な色になったり、これはいいぞって色になる。Nec_0003_37

遠くの蒼い山が好き。

描き過ぎみたい。

でも、僕は好きですね。Nec_0009_20

これが北里病院の絵です。Nec_0038_10

この絵も大好き。Nec_0005_36

これも凄い。

絵っていいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

北里の朝 メディカルセンター病院を歩く

Nec_0001_44

朝早く、病院の周りを歩きます。

綺麗。Nec_0002_38

涼しい。Nec_0003_36

此処は、敷地内です。Nec_0004_32

エントランス前の彫刻。Nec_0005_35

もう少し歩いて行くと。Nec_0006_26

北本自然公園です。Nec_0009_19

水鳥の聖域。

Bird Sanctuary です。

この続きをまた紹介します。

こうして病院内を歩行して、病院の周りを楽しみながら、10月21日(土)のマライア・キャリーのコンサートを見に行くことを目指しました。

お陰さまで、月曜日の予定が、土曜日で良い事になり退院。

Mariah Carryの生声、歌声に出会えました。

有難う!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月14日 (火)

Dream Power ジョン・レノン音楽祭2006

Nec_0016_30

日本武道館です。

スタンド、2階南西C列、13番。Nec_0018_26

結構凄い人です。Nec_0007_28

生ヨーコさんに感動。Nec_0015_36

こんな人達が参加しました。Nec_0016_31

この人がカッコイイ。

斉藤和義。

I'm the walrus.

を斉藤和義の日本語フレーズで歌った。

Nec_0017_30

Coccoももの凄い個性で、すぐ彼女の話に吸い込まれた。

アフリカやアジアに学校をこのチャリティで54校設立したそうです。

Coccoは、『チャリティって何か胡散臭いから、その学校の住所を教えて下さいって行った。』そして、行ってきたそうです。

『美しい子供たちにあれもこれも持ってけって、言われて、それを見せに持ってきました。』と言っていた。

Coccoも美しいです。Nec_0018_28

宮沢りえさんが、朗読を。

このパンフの字がもの凄くへたくそで、びっくり。

みんな歌ってアレンジして、楽器で存在感が在るけど、りえさんは、もう舞台に立つだけでよかったです。

銀幕に出れば、僕らを魅了するオードリー・ヘップバーンのようです。Nec_00019

KumiもLove Psychedelicoも初めてだったけど、凄い。

どうしてあんなにアレンジして謳えるのだろう。

Nec_0006_25これがそのチケット。

実は、チャリティーとは知らずにぴあのプレリザーブで手に入れました。Nec_0011_36

平原綾香さんの歌声は、地球の宝です。

Nec_0009_18

スキマスイッチの曲は、

知りません。

名前は、聞いたことがあります。Nec_0013_35

Johnのフィギャは、少し松田優作みたい。Nec_0008_22

佐野元春は、John Lennonに見えた。

Come Togetherを謳ってくれた。

僕にとって、こんな一緒に歌えるコンサートは、初めてです。

ボロボロ泣きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

グリニッチ 子午線

Greenwich_1

ロンドン、テムズ川を昇り、子午線のあるグリニッチ時計台へ。

Royal Observatory Greenwichと書いてあります。

入り口門の24時間計です。

Greenwich_2

フェリーを降りて、マーケットなどの在る雰囲気のいい街並みを通り過ぎ、公園の小高い丘の上にこの時計台はあります。Greenwich_3

これが子午線。

赤道と直角に交わります。

此処を24時間の中心として、世界の時間帯が分けられています。

Greenwich_4 地面に続く、子午線に世界の主要都市の方向が刻まれています。

北京、アテネ、ソウル、  東京もあります。

そして、テヘ ラン。Greenwich_5

子午線の向こう側。Greenwich_6

この丸いドームの向こう風見鶏の下の小さな丸い球体が、午前と午後を知らせて、午後12時になると下に落ちて、このように下がった状態になります。

その瞬間は、見られませんでした。Greenwich_8

テムズの上流、遥かにロンドン市街が見えます。

ウォーターフロントは何か気持ちをゆったりさせてくれます。Greenwich_7

公園を下って、今博物館ともなっている、アン王女達も集ったお屋敷からの時計台。

王政と言うのは、その当時、貴族だけのものでしたが、今こうして一般の僕たちも見ることが出来ると、人の望むものや豊かさについて、違う側面から思いを馳せられますね。

王政では、一般市民には、この恩恵は受けられなかったのですが、どう考えたらいいか未だに、答えは出ていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

北里研究所メディカルセンター 入院

Nec_0021_24

とうとう6月に発見した臍ヘルニアの手術の為入院しました。10月のことです。Nec_0018_25

差額ベッドは、大変なので大部屋をお願いしましたが、空きベッドの関係で、手術までこの一人部屋でした。Nec_0036_9

東棟4階でした。Nec_0037_10

ナースステーション。

たくさんの優しいナース(看護師さん)達が働いています。Nec_0019_33

4階からの眺め。

森に囲まれています。

すぐ傍に荒川や自然公園があって、静かな環境。Nec_0020_29

早速、病院の食事。

手術前なので普通です。 Nec_0016_29

相変わらず素敵な絵がいっぱい。

こんな風に波や水面の光の照り返しを表現してみたい。

Nec_0017_29こちらで、入退院の手続きをします。 Nec_0023_21

バスが桶川駅、北本駅まで、15分置き位に出ていて便利。Nec_0039_8

4階エレベーターを降りるとすぐにデイルームと呼ばれている明るい公衆の面会室があります。Nec_0038_9

写真は、少し暗くなっちゃいました。すみません。Nec_0026_14

手術まで特にすることも無いので、病院の周りを散歩していると、刈り取られた稲が冬への風物詩のように静かに並んでいます。

手術の成功を祈りました。

大変なものでは在りませんでしたが、どんな病院でも万が一と言うことがあります。

15年以上前ですが、喉のポリープの手術を終えて、同室の人のお話を聞いて、お医者さんの初歩的な誤診で、盲腸を半年以上も別の薬で放っておいて、両手いっぱいの腐った腸を切り取ったお話を聞いたことがあります。

どんなに痛いから盲腸だと言ってもその大学病院の医師は、受け入れてくれなかったそうです。

大変な手術後に、そのお医者さんはその病院から去ったとのことでした。

今、ここで、レポートできるのは、充分な説明と術後の看護のお陰です。

先生、看護師さん有難う御座いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

セルビア・モンテネグロに逆転勝ち!! 女子バレー凄い!!

Nec_0007_31

楽家カレーで、見ていました。

一進一退で、セルビア女子のパワーと高さに、粘り、一番左から一番右まで走って、角度のあるスパイクを左隅に決める、動きとスピードで、日本女子は、立ち向かっていました。

ローストチキン・カレーを頬張りながら、『ヨシッ、あーっ、やった!』とつい声が漏れて…。

その時は、点数で押されていました。Nec_0008_26

柳本監督もガッツポーズ。

明日への希望をくれました。Nec_0009_24

あんなに高い、あんなに大きな人達に、日本女子は立ち向かって、勝っている。

高橋のスパイクは、ここぞと言う時に頼りになる。

竹下キャプテンの2段攻撃もかっこ良かった。あのきりっとした口元と、揺らぎの無い動かない決意を感じさせる顔に、もうへなへなで、毎日を過ごしてしまいがちの僕に勇気を与えてくれます。

木村沙織も荒木絵理香も菅山かおるも杉山祥子も。

皆、強くてカッコイイ。

こういうスポーツが面白い。

ただ、圧倒的な体力やパワーだけではない。

相手には、完璧でない部分が在る。こちらにも弱いところも在る。

圧倒的な体力、体型の差だけが、勝敗を決めることは無い。

そのために、アイデアと作戦と繰り返しの攻撃、守備練習、負けないめげない心。

粘りと積み重ね。全てが駄目ではないし、全てが良いわけでもない中で、どのように心を支えて、勝利や喜びを掴むか、やってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペルー 日系人の暖かい国

Nec_0005_33

海外出張の思い出第2弾です。

南米ペルーにその頃勤めていた会社の医療機器の説明公演に伺いました。

これも2000年前後の南米への2週間ほどの出張のひとつですね。ペルー、チリ、ボリビア、ブラジル、ウルグアイを廻りました。Nec_0001_42

これが僕の公演内容をスペイン語に通訳してくださった大学教授さんです。

実は、ペルーに僕のスーツケースが届きませんでした。

PCを入れたバッグをスーツケースと一緒に預けるか出向カウンターで聞かれた時に、何か感じて『いえ、Carry-inします』と言ったお陰で、公演内容は、持っていたので、後は、黒のジーンズに代理店にお借りしたシャツとネクタイ、スーツ上着で公演を切り抜けました。

僕が、機器や体内のメカニズムなどについて、会社で収集し文献から説明を英語で行い、彼が更に深い研究知識から素晴らしいスペイン語で通訳をして下さいました。有難う御座います。Nec_0004_31

公演を無事に終えて、記念の盾を戴いたところです。

スペイン語で、エンジニアeddymasao(仮名)と刻まれていました。

うれしかったですね。

ペルーでは、いえ南米では、日本人は、大歓迎です。

Hospitalityにあふれています。 Nec_0066_5

いや、それにしても若い。

スマートでしたね。

えーっと、その頃既に出張太りが始まっていましたから、今よりはスマートでした。Nec_0002_36

代理店の型が日系ペルー人なので、夕食後に日系クラブセンターに連れて行ってくれました。

ここでも大大大歓迎。

移住した日系の方たちともっともっと交流を深めて行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

北本 芸術展

Geijutsuten文化の日、4-5日まで、北本市の芸術展が北本市体育センターの講堂で展示されていました。

Geijutsuten_my_peint

彩友の一員として、北口先生にお渡しした絵が、綺麗に並べてありました。

Nec_0010_20

素敵な絵がたくさん。

点画でこんなにいい感じのものもあります。Nec_0015_35

林の天井に見える空。Nec_0014_25

そしてこの右が居川先生、右から二つ目が北口先生の絵です。

こんなに描けるようになるには、何枚も何回もデッサンや水彩をやりながら、勉強していかなければと思います。Nec_0006_24

これが僕の2作目。尾瀬です。

少し汚くなり、湿地の原は少し深みを増しました。

木道は、まだ2次元のペッタリとした感じから抜け出ていません。

木の色に、雨に濡れた空を映す光がうまく出ていません。

先日から少し筆を加えました。Nec_0019_32

陶芸もこんなにたくさん。Nec_0020_28

皆さん、個性が在って、一つ一つ素敵です。Nec_0007_27

僕の作品です。

こうして素敵な陶芸家達の作品に囲まれると、全く目立ちません。

独り善がりの作品。

本当に、僕はこの僕の作品が好きです。

先程の尾瀬の絵も、先日の稚拙なサックスを吹く蒼いドレスの女の絵も、今のところ僕は、僕の作品が大好きです。Nec_0018_24

一番賑わっているのが、幼稚園、小中高校のコーナー。

家族連れで、自分の作品を息子や娘の作品を、孫の作品を皆で眺めてわいわいがやがや。

いいですね。Nec_0023_20

行くとこんなパンフレットが戴けます。

北本市市民文化祭芸術展実行委員会・北本市教育委員会の主催。

北本市文化団体連合会の協力です。

こうした展示会や文化祭、芸術展を行う以外には、どのような活動を行っているのでしょうか。

公演に音楽家さんたちを北本に呼んだり、僕が一時参加していた生命座のような劇団を応援して頂いているのでしょうか。

音楽、絵画、陶芸、書、写真、花、その他どんな文化活動が在るでしょうか。Nec_0016_28

お陰で僕も楽しく参加させて頂きました。

有難う御座います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

エジプト 2000年1月

Nec_0027_15

昔の写真が出てきました。

2000年1月25日、僕は、ギザに居ました。

医療機器の輸出をしていた頃です。Nec_0029_15

大学病院での医療機器についての講義です。

特に予定のあったものではありませんでしたが、代理店がセットアップしてくれたので、急遽、製品と持ち合わせのPCデータ資料で、説明と質疑応答をしました。Nec_0030_10

この頃は、担当の中東地域を飛び回っていました。

販売力の高い代理店を求めて、精力的に訪問し、代理店契約を結んでいきました。

大変でしたが、遣り甲斐があって楽しかった。

人々は、アジアに近くすぐに信頼関係が出来ました。

但し、商売はタフ。

一度、決定した売買契約に再度、再再度の値引き交渉が入ります。

輸出が完了しても相手港で、一ヶ月も足止めが発生します。

L/Cが有っても銀行決済が完了するまで安心は出来ません。

タフになりました。

少々のことは、驚きません。

時には強く、時には優しく笑顔で、正確な事実関係を詰めて行き相手にこちらのビジネスへの心意気と真剣さを伝えます。

ほぼ全ての難題はこうした地道な対応で、解決しました。Nec_0028_17

ほんのご褒美程度で、堪能は出来ませんが、こうした出張の合間の小観光もいい思い出です。

生きること、仕事、信頼、人との繋がりの大切さ、面白さを実感していた頃だと思います。

また、いくつか面白そうな写真があったら、レポートしますね。

僕の思い出と共に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

ソニーのPCバッテリー 僕のも…

Nec_0006_23

僕のPCは、今年購入の富士通FMVです。

FMV-BIBLO LOOX T70S/V

ワンセグと指紋認証、DVD/CDレコーダー・プレイヤー内臓で、IBM-X60の予定を変更。

富士通に乗り換えました。

先日、ビックカメラから封筒が。Nec_0007_26

ACとバッテリーの併用を辞めて、バッテリーを外してください。

バッテリー交換には、下記に連絡を…。

『えっ、僕のも?!』

まさか、TVニュースで大きく取り上げらた、ソニーのPCバッテリーが僕のノートPCにも使われていたなんて。

今日、連絡をしました。

2週間ほどで、交換用PCバッテリーが届くそうです。

不在の場合は、現在のバッテリーを日をあらためて来てくれるそうです。

僕は、池袋のビックカメラに持ち込むのかと思いました。

さすがですね。

ソニーさんには、頑張ってもらいたいです。

日本の力の一つですからね。

ソニー、トヨタ、三菱、シャープ、ホンダ、武田、東芝、日立、松下(Panasonic)、スズキ、日産と日本企業には、世界に信頼される企業であってほしいです。

間違ったらすぐに直す。

謝って、すぐに回収する、お客様の為に最良の努力を示す。

これで、耐えられれば、企業はまた強くなるのではないでしょうか。

勿論、それを支える日本の中小企業、No. 1ではなく、オンリー・ワンで輝きを見せている企業も。

宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

アカスリ体験  北本 楽市楽湯

Nec_0016_27

退院祝いに楽市楽湯で初めてアカスリのお世話になりました。

毎週土曜日は、此処楽市楽湯に来たいと思います。Nec_0017_28

腰や背中がやはり、あまり手が届かないので、うつ伏せになって、ゴシゴシと擦ってもらうと気持ちいい。

Nec_0019_31

お試しのショートコースでお願いしました。

土曜日は、もう一つサービスがあります。

楽市楽湯の無料入場券がもらえます。

知りませんでした。

得した気分。

Nec_0018_23これも月に一回くらいお世話になってもいいなと思いました。

アカスリ師(?)さんは、月に3回くらいやると効果があると言っていました。Nec_0021_23

入り口カウンター横に座っている方が、アカスリ師さんです。

少し寒いので、よーく暖まってから利用した方がいいでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

スイカ オートチャージ出来ました

Nec_0001_43

僕のスイカ。

オートチャージの設定をしました。Nec_0003_35

今朝、烏龍茶を買いました。

規定残額を超えると思ってね。

そしたらあと44円。

また、北本駅の改札を出て、Kioskで、トマトジュース。

よーし、これでオートチャージだー。

どんな風になるのかな?Nec_0002_37

定期を翳すと、ピッ。

もうチャージ済み!!!!

凄い。

約束どおり、設定どおり。

もう僕のスイカは、チャージ知らず、残高不足知らずです。

凄い。

僕は、こういうの大好きです。

9時過ぎの埼玉コープの半額品くらい好きです。

半額って、もの凄く得した気分。

今日は、その半額のお惣菜をおかずに、夕食を戴きました。

安くておいしくて。

スイカのように便利。

すみません。僕の趣味です。半額とスイカ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

陶芸がいっぱい 2 Tamate屋

Nec_0027_14 こちらは、Tamate屋。

白萩のぐい呑み。

この不恰好がいい。Nec_0028_16

こちらは、白萩と瑠璃だと思います。

混ざり具合がいい。

もう少し、大きいものが作りたい。Nec_0026_13

なんかパッとしませんね。

どうしてだろう?

此処Tamate屋もどうも売れ行きがイマイチ。

都心に近くなったので、期待が大き過ぎました。

考えてみたら月3800円は、結構大きい。

もう3ヶ月頑張って見て、考えよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

陶芸がいっぱい

Nec_0022_27

陶芸がいっぱい焼き上がって来ました。

思いのほか気に入っています。

此処ギャラリー夢に展示しているのは、皆お気に入り。

誰か持っていってくれるともっとうれしい。Nec_0023_19

これは、とても良く売れている先生の棚。

こんな風に作品が作れるようになるには、もっと修行が必要だろうな。Nec_0024_22

こちらも素敵なカップがいっぱい。

北本には、陶芸教室も素敵な陶芸の先生もいっぱい。

顔見知りではありませんが、作品が多いと思います。

因みに、僕の棚の後ろの稚拙な絵も僕のお気に入りです。

此処ギャラリー夢では、半年の契約が今月切れます。

もう半年、1万2千円で延長しようと思います。

最高の売上が1800円。最初の売上が650円だったかな。

6000円くらい月売り上げられたらハッピーなんだけど。

今の実力では、いい方かな。Nec_0001_41

こちらは、道端の花。

僕の陶芸や絵なんかより芸術しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

Becks Coffee Shop 池袋駅 メトロポリタン側

Nec_0012_33 北本駅にも改札の前にあります。(タバコ臭くてすぐに出ました)

ここ池袋駅のBecksは、今流行の駅中です。(此処は分煙)Nec_0013_34

入りやすくて、清潔なんです。

タバコも分煙なので、気にならない。Nec_0008_21

いっぱい190円。

おいしい。

マックのコーヒーが僕は好きでは有りません。

苦いだけなんです。

どうしてだろう。

『いつもおいしくしてね。』と言うけど、マシンでマニュアルに沿っているので、どこに行っても苦いです。マックさん、Becksと比べてください。

宜しくお願いします。Nec_0010_19

駅構内に向いているカウンター席もいい感じ。Nec_0011_34

この向こうが喫煙席です。Nec_0014_24

オープン・カフェにもなっています。

僕の好きなスイカがつかえるのもグッド。

最近出た、ココアも暖かくていいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

maturite 大人のインテリア空間

Nec_0035_15マチュリテ。

華々美人を食べた後、青山通りで見つけました。Nec_0036_8

このお店、天井が高ーい。

お金持ちになって、こんな素敵な家具や小物と過したいです。

Nec_0037_9 白い綺麗なガラスの花瓶なのですが、蛍光灯やTVは、写真がこんな風になってしまうんですよね。Nec_0038_8

Funny FaceのAudreyのいたNYの本屋さんみたい。Nec_0039_7

なんか最近、写真がボケますね。

でも、いい感じでしょ!Nec_0040_7

これが入り口です。

つい入りたくなるような明るくて広いエントランス。

何回も通うような人しか入っては、いけないのにMEMBER'S CARDを作ってしまいました。すみません。次は、いつ行くことができるかな?Nec_0005_32

数ある高価な(僕にとって)インテリアの中で購入したのが、このPhoto Stand。

Wood & Glassのみのシンプルなデザインで、大き目のものを選びました。

いいでしょ。Nec_0041_7

帰りは、表参道から。面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

華々美人(Fa-Fa Meirin) 青山店 マンゴーの冷たいデザート

Nec_0032_10

おいしい。

渋谷宮益坂を上りきって、こどもの城に向かう途中で見つけました。

ファー・ファー・メイリンと読むそうです。

華々美人。 

〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-7-3三雄ビル1F

TEL: 03-5468-6288

Nec_0030_9

中でも戴けます。

僕のようなオヤジが一人で買ったり、食べたりするのは相当勇気が要ります。Nec_0029_14

でも、味はいいですよ。

冷たくて、マンゴーがおいしい。

僕が戴いたのは、600円で少し値段が張りますね。

Nec_0031_11

話の種に。

通りかかったらチェックしてみて下さい。Nec_0027_13

宮益坂で、駐車禁止の取り締まり。

始めて見ました民間の取締官の人達。

ロンドンでは、悪評高い”ワーデン”と呼ばれています。

Worden?かな。一度、3分くらいで戻るとまさに、切符をきるところ、『駐車料金1ポンド(路上のパーキングメーター)を節約するのと、罰金を50ポンド払うのとどちらが言いか良く考えてごらん』と言われて、許してもらいました。

ロンドンでの駐禁ぎりぎりは、これきりですね。

不法駐車が減るのはいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

ZAPADY-DOO 代官山

Nec_0017_27

久しぶりの代官山に来ました。

いいですね。

代官山。

裏原宿と此処が好きです。

住みたいですね。Nec_0015_34

恵比寿駅から歩いて行きます。

向かいにこんな看板のある雑貨店。

ZAPADY-DOO。  

(所在地: 渋谷区恵比寿西1-33-15 E.N.代官山1F TEL: 03-5458-4050)Nec_0019_30

僕の大好きな何か面白いあまり役に立たないような小物がたっくさん並んでいます。Nec_0001_40

これが、店のデコレーションのように並んでいました。

店員さんがとても親切で、『これ商品ですか?』とお聞きするとニコニコと微笑みながら『はい、今半額なんですよ』。

と言うことで、750円で御購入しました。Nec_0002_35

このクリップ型の灰皿もただ形やクリップなところが気に入って我が家に来ました。Nec_0003_33

そしてこのスプーン二つ。

こんな変な形がなんかいいんですよねー。

Nec_0016_26

是非一度、お立ち寄り下さい。

見ているだけで楽しいですよ。Nec_0044_6

代官山、渋谷コースでこの日は楽しみました。

いいね。代官山、渋谷、原宿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »