« 霜の朝⑤ 北本総合公園  気球!! | トップページ | 春① 蕾や春の便り »

2010年4月 7日 (水)

長瀞 宝登山(ほどさん)④ 宝登山ロープウェイ 奥宮の神社から戻ろう

Sn3e9671
宝登山神社、奥宮から長い階段を降りて行こう。
Sn3e9672_2
夫婦仲良く。
Sn3e9674_2
もう愛とか恋とか、そういうものじゃない時間が二人を結びつけている。
Sn3e9675_2
ずんずん行ってしまう父。
Sn3e9676
親父を気遣いながら後からついて行く母。
Sn3e9677_2
こんな長い階段も二人なら大丈夫。
Sn3e9678_2
僕は、こうして一緒にいられる時間を考えて此処なら来られると思った場所に行こうよって、言って一緒にいられる時間を楽しむ。
今でも、男同士、親父と息子の喧嘩は絶えない。
少なくはなったけどね。
Sn3e9679
この先に宝登山ロープウェイの駅があるよ。
Sn3e9680_2
やっと着いた。
Sn3e9681_2
見事な臘梅。
Sn3e9682_2
ゴンドラが着いた。
Sn3e9683
さあ、乗ろう乗ろう。
Sn3e9684_2
100人くらい乗れるんだっけ?
Sn3e9685_2
一緒に歩いてくれて有難う。
不思議、両親といると5歳や10歳、小学校くらいまでの事が僕の心にフラッシュバック。
親父やお袋もそうかな?
脳科学的に言うと海馬あたりにある潜在意識に全ての記憶が残らず記録されてるらしい。
全ての記憶です。
そんなものは、人間は都合よく、自分なりにいい思い出とか、思い出したくないとか、自分なりに記憶しているので、事実は自分が感じた事、信じた事になっちゃう。
能力開発コンサルタントさんなんかが話してくれるのは、「過去は変えられる」です。
僕もそう思う。
事実は変わらないけど、それに対する自分の思い方や感じ方は、変わる、ある程度は変えられると思います。
「今、思うと」と大人になってから、その時の苦しい挑戦を良かったと思えたりしますよね。
一緒に歩いてくれて有難う。天気が持ってくれて良かった。
Everyday is once in my life.
毎日が奇跡です。
今日の奇跡に感謝します。

|

« 霜の朝⑤ 北本総合公園  気球!! | トップページ | 春① 蕾や春の便り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145096/47744950

この記事へのトラックバック一覧です: 長瀞 宝登山(ほどさん)④ 宝登山ロープウェイ 奥宮の神社から戻ろう:

« 霜の朝⑤ 北本総合公園  気球!! | トップページ | 春① 蕾や春の便り »